2015年7月31日金曜日

BRU NA BOINNE アクセサリー


BRU NA BOINNE より

アクセサリー類がどかっと入荷してきました。














同ブランドのアクセサリーですが、

コレクションに合わせているため、

基本的に年2回の入荷タイミングしかありません。


春夏(1~2月)と秋冬の立ち上がりである、『今』です。


私はずっとガリトラップバングルが欲しかったので、

今回の新作、ピクシーブレスと同時に手に入れました。








新作のネックレスである『ルードルフチェーン』(長さが2パターンあります)






これ、展示会の時に何気に一番気に入っていたので、

これまた買っときました。

シャツの上から下げられる長さです。


ほんと、アクセ作らせてもうまいなぁ ブルーナボインさんは…




アクセは今しか選べないんでしょうがありません。


ま、一生モンってことで。





.









2015年7月30日木曜日

BRU NA BOINNE パリ スエット


BRU NA BOINNE パリ スエット

size XS , M , L

18,500yen




こーゆーぎりぎりのやつって、

本当に作り手のセンスが出るなぁと思います。


個人的には着るたびに洗濯をして、

くたびれた時のダラリ感が楽しみなアイテムかなと思います。



パーカーの無いスエットって、

おしゃれに着こなすのが凄く難しい印象だったのですが、

その感覚を覆してくれそうなスエットです。



.









2015年7月28日火曜日

BRU NA BOINNE ラッキー カラー パーカー



すでに凄まじい人気を博しています。


このアイテムは『無地ブラック』でリリースされたことが無いように

記憶しています。










BRU NA BOINNE ラッキー カラー パーカー
size 0 . 1 . 2
30,000yen



実際に着てみると、

スポーティーさがあるように感じますね…









皆さん試着の際に


『ずるいですね…こんなん買ってしまいます…』


と。



定番のデニムバージョンをお持ちの方も、

今回のブラックヘリンボーン生地には強烈に惹かれるようです。



私個人としても、これくらい万能で完成された形のライトアウターは

他に無いと思っていて、

ブルーナボインさんの秋冬の代表作だと思っています。



そして立ち上がるパーカーとネック周りの雰囲気は

もうこのアイテムの専売特許みたいなものですね。





.






2015年7月26日日曜日

prasthana





~prasthana ~


上記コーディネートの

インナーのボーダーカットソーと、ノーカラーのシャツ

がprasthanaのお洋服です。



今のところ、購入頂いているお客様は男性の方と女性の方で

半数ずつです。



私は先日、あれだけ


『どんな方が作っているかをお伝えしたい…』


と言っていたのですが、

そのご説明をさし上げる前に

「これ買います」となっています(笑)


嬉しいです。


売れている事自体も嬉しいのですが、

当店をご利用頂けるお客様は

何でもフラットに見て頂けていると言うか、

良い物を気持ちよく買いたいっていう、

シンプルで最高な感覚の持ち主なのだなと。




特に、このシャツがご好評頂いてるのですが、

皆さんのご試着を見ていると、

ご自身でコーディネートのイメージがすっと湧いていて

且つ、類似品が無いと確信出来るシルエットになっていることも

同時に感じて頂けているようです。






.











2015年7月25日土曜日

小さいお店が出来る事。


先日は岡山にお伺いし、街を散策してきました。







岡山の街は、駅の真横にドカーンと新しいショッピングモールが立っていて、

その中はセール真っ盛りでした。



50%OFFの更に30%OFFって言う、謎の値引率に驚愕しました。



私はショッピングモールが結構好きでよく行きます。

便利です。何でもありますし。

街のお店にはほとんど行きません。





そんな事を言いながら、

私のお店は街中に立地しています。

車で来ようとすると駐車料金が発生します。

しかも6坪(畳10帖ほどの広さ)しかありません。


さらに、入り口のドアはこんな感じ↓


なので、結構入りにくいかもしれません。



そしてさらに、こういった店構えだと


「確実に、接客をされる」


と言う圧迫感もあるはずです。






~街中の小さいお店が出来る事~


今日は

「赤ちゃん生まれました」

とお客様がいらっしゃいました。


そして私に


「良かったら抱っこしてやって下さい」


と。


こーゆーのが相当に嬉しいです。

なんか泣きそうになります。




10年位お店をやっていると、

カップルだった男女が結婚し、子供が生まれたりします。


そんな誰かの一生の変化をこの店で感じられることが

とても幸せに思います。



小さいお店に出来る事は、

私はその場所に来てくれる人々と

『文化(時代)』を作って行くことかなって思っています。



もちろん、経営なので会社として利益を出し、

しっかりと納税をしていくことが至上命題です。



ただ私が自分で10年お店をやってみて思うことは、

この場所と空間は、私が作り、維持しているもので無く

このお店を大切に思ってくれる人たちが、

それぞれの気持ちで守ってくれているものなのだなと

言うことです。


(お客様、メーカー、家族、金融機関、国など関わる人全て)




そのお一人々の気持ちがそのお店の

『味』

なんだと思います。



それはお気に入りデニムの色落ちのように


「やっぱこの色、たまらんわ~~」


みたいな感覚。




自分の価値観と自尊心がしっかり満たされて、



『私はやっぱりココなんだ』



と思って頂けるようなお店でありたいですね。




みなさん、いつもありがとうございます。























2015年7月24日金曜日

BRU NA BOINNE 2015FW 大量に入荷しました







週末を前に、BRU NA BOINNE から秋冬新作の入荷です。

アウター、インナー、パンツにと。


BRU NA BOINNE さんは、いつも納期よりかなり前倒しで

商品の入荷があります。


これはお店側にとって嬉しい誤算なのですが、

作り手側(メーカー側)からすると、とても綿密に納期管理をしておかないと

こういった流れは組めません。


その辺の姿勢も徹底されています。


なので、私達も彼らの姿勢を見習い、

『しっかり伝えていかないと』

と思います。



やっぱり良い服は良いなって思わせてくれますよ。






なぜこの価格なのか。



こちらのブランドは、その辺りの違いを

しっかり感じて頂けるモノを作ってます。



最高です。





2015年7月19日日曜日

prasthana


先日入荷した





共に完売いたしました。

良いものは良いと言うことですね。

本当に嬉しいです。ありがとうございます。




さて、何年かぶりにお洋服で新しいブランドをお取り扱いさせて頂きます。




prasthana
(プラスターナ)









着用画像は後日掲載します。



本日はこのブランドを当店で取り扱うことになった

経緯と言いますか、私なりの理由について皆様にお話させて頂きます。



このブランドは国内のブランドです。


デザイナーは武井と言う人間です。

いつもお伝えしておりますが、私は商品そのものも

ある程度は見るのですが、

それよりも 『どの様な方が作ってるのか』 と言う所に

セレクトの基準があります。



まず彼は、巨大なキャリーバッグを持って、

取引が成立するかどうかわからないまま

弊社店舗までお越しいただきました。


東京から来ると、私に会うためだけに数万円と1日を費やす事になります。


当店では、私が実際に会ったことのない人が作っている商品を

基本的には取り扱いません。



理由は単純で、知らない人が作ったものを、

「これ良いですよ」と目の前の人におすすめ出来ないからです。



あ、その言い方はちょっと語弊があります。

実際には


この商品はどんな人が、どんな事を考えて、どんな所を大切に思って

作っているかを、お客様にお伝えしたい。


って言う、私の自己満足的な願望があるからですね。

私はモノ(商品)も売っていますが、その商品が生まれた

ストーリーも売っていると思っています。



私はデザイナーである武井氏と話していると、

「あ、この人、本気だな」

と感じました。



ある程度、覚悟を決めた人が生み出すものって、

そういう完成度になります。


もうこれは経験としかお伝えできないのですが、

結局、モノ(商品)は人が作るものなので、

その人が今、どの様な精神状態なのかは

やっぱり『雰囲気』として全部出るんですよね。



オーラって言うか、勢いって言うか難しい所なのですが、

その辺りを見る目というのはやはり経験です。



でも、これだけ書いておいて難ですが、

今回書いたことは全部忘れて下さい。



やっぱり最後は店頭にその商品を並べてみて、


「おぉ!良いな!着てみようかな!」



と思って頂けるかどうか。

もう本当にそれだけです。



その結果、キラキラした目で


「これ、めっちゃいいですね!!連れて帰ります!」


って言う様な事を言って頂けると、

やっぱりそれが一番嬉しいです。



だからこそ、ちゃんと色んな事を見極めて、

店頭の一瞬のために準備します。



ではまた~



























2015年7月13日月曜日

Bohemians OVER ALL PANTS DENIM


Bohemians OVER ALL PANTS DENIM

詳しくは こちら




こーゆーサイズ感のオーバーオール探してたんですよね。

股上が深すぎず、可愛くなり過ぎない感じ。


また胸付近のデザインも、ごちゃごちゃポケットがついてるタイプが苦手で

すっきりしたやつ探してました。


こいつは生地感もオールシーズン行けるやつなので、

使い勝手は良いと思います。


着用している女性は身長158cmの普通体型の人です。


なので、身長が140cm代後半~170cm近くの人まで

着ていただけるようなサイズ感です。



あ!そうそう。


これ系のオーバーオールって、

ウエスト付近から下着が見えそうになると言う難点がありました。


しかし、その辺はデザイナーさんもわかっていて、

絶妙なパターンにより、その不安は解消されています。



まーまー完璧なアイテムですね。


本当に、こーゆーのはあまり無いですよ。


オーバーオールをこれまでたくさん作ってきた

BOHEMIANSさんだからこそのシルエット。



素敵です。





PS

先日のブレスレットもページが出来ました。

もうすでに在庫が極少ですが…。








.











2015年7月12日日曜日

Blind man togs(B.M.T) SANDCAST BRACELET "BELT"


まずは最初に、デザイナーからの言葉を引用させて頂きます。




B.M.Tの従来のラインナップを作り出す過程で生まれてくる
シルバー製カトラリーの端材を溶かし
改めてサンドキャストという原始的な鋳造方法により
新たにアクセサリーとして蘇らせた新ライン。


砂と土で粘土のように鋳型を作るこのサンドキャストの手法は
時代の流れに逆らうかの如く大変時間と手間を必要とする為に
現在この手法を使ってアクセサリーを作ることはほとんどありません。


1940年代以前に一部のネイティブアメリカンが
アクセサリー製作にサンドキャストを使用しておりましたが、
現在では当時に作られたそれらのアクセサリーを
ヴィンテージとして目にすることがあるくらい貴重な製造法です。



非効率なサンドキャストは時代と共に淘汰されていき、
代わってアクセサリー製作には進化した効率的製法が
使われるようになっていきました。


そんな絶滅状態に近いサンドキャスト手法なのですが、
その超アナログで非効率な手法だからこそ生まれてくる
その雰囲気は他と比べることが出来ない別格な魅力を持っています。



シルバーに映し出された鋳型の「砂」の表情が
最大の魅力と言っても過言ではありません。

アクセサリーに映し出された砂目の凸凹した表情は
それぞれが異なり全てが一点モノ。


貴重なアンティークピースを素材にし古くもあり新しさを兼ね揃えた
サンドキャストから生まれたプロダクトです。




~「BELT」(バングル)~
可動パーツを組み合わせて製作したベルトスタイルのバングル。
バックルパーツが可動し、ピンホールでサイズ調整ができるようになっております。

ヴィンテージのハイブランドアクセサリーのような上品な雰囲気を持ちながら、
バックルやサルカン・蝶番などの可動式パーツからは
インダストリアルな工業的雰囲気を感じることができ、
その2面性が最大の魅力になっております。














私が始めてこの商品を見た時、

デザイナーと始めてお会いした時の感動と同じような体感がありました。


私はアクセサリー類に特別造詣が深いわけでもなく、

自分の生活スタイルで絶対必要なものかと聞かれれば、

そうでもないです。


ただ、超人が作るものってそういった

知識とか、知見とか、流行りとか、伝統とか、

玄人だけが知っていることとかみたいな、

比較によって生み出される価値観を一瞬で無効化させる場合があります。



手にとった瞬間に


「なんじゃあああああああこれえええええええ!!!」


と伝わる感動と言いますか。



変な言い方ですが、作り手の思いや、そのブランドの歴史などは

ある意味知らなくても良いです。


それらは付加価値や信用と言われるものに繋がると思いますが、

商品そのものの価値を決定付けているかと問われれば、

私はもうちょっとフラットな感覚で商品を見ていたいなと思ってます。



目の前のこの物体は、素敵なモノなのかどうか。





自分が手に触れて、「あ、これ好き」って言う感覚や

「あ、こいつは私に引き取られるためだけにここに存在してるな」

みたいな、感覚的な部分が絶対に大事だと私は思ってます。




今回の B.M.T SANDCAST BRACELET "BELT" 

詳しい写真は明日以降に掲載致します。






.









2015年7月11日土曜日

BRU NA BOINNE 2015FWソックス


今日はものすごくたくさんのお客様にお越しいただいており、

嬉しい限りです。


先日ご紹介したパンツですが、その理由なのですが…


おかげさまで、

初回生産分はあと2本しか無いです。


一応、追加生産をする予定ですが、

まだベースの素材が集まって無いので、

再び店頭にご用意出来たとしても少々時間を頂くと思います。




さて、








わかりくいですが、左から


○パープルとネイビーのMIX

○白黒のMIX

○グリーンとネイビーの切り替え

○ホワイトとベージュの切り替え


です。


パンツの裾からチラ見えした時の

ボリューム感はやっぱりかわいい。


2015年7月10日金曜日

military cargo pants -No,2-



サイズはありません。


半オーダーメイドなので、

穿く人のウエストサイズにリサイズしてお渡しすることも可能です。



ベースのデザインはあるのですが、

丈、微妙な色合いなどは基本的に全て一点ものになります。




穿く人が 『好きに穿いてください』


ロールアップするもよし、

フルレングスで普通に穿くもよし。


見た目以上に生地は厚く無いので、

今からの季節にもしっかり使えます。



女性がガバっと穿いてもかわいいです。




























2015年7月9日木曜日

結局1ヶ月掛かってしまいましたが…


何か最近、自分の中でものすごく閉塞感というかなんというか、


『セレクトショップって何なんでしょう?』


的なことをずっと考えておりまして。



結局何か答えが出た訳じゃなんですけど、

単純に好きな事をさせて頂いている以上、

自分が出来る事は、一生懸命自分の『好き』を伝えていく事だなと。



それが押し売りになっていてはダメだけど、

気持ちで押せない商品を扱うことのほうが結果的に、

お客様を悲しませるかもしれないなと思ってしまう。



やっぱり私は、自分自身がワクワクして

お客様の目がキラキラキラってなる商品を扱うために

この小さい小さいお店をやっているのだと思う。


その最高の瞬間のためだけに、

この10年やっているのだと思う。











7月10日から販売を開始します。






UNITED LOT × HIROSHI TSUBOUCHI Wing Tip Shoes


午前中の土砂降りからの

晴天による半端ない蒸し暑さどーもapartmentです。




先日入荷の

UNITED LOT × HIROSHI TSUBOUCHI Wing Tip Shoes


ご好評を頂きありがとうございます。



皆さん試着の際の一言目、80%位の方が、








「うぉっ」





とおっしゃいます。

履き心地のことですね、このリアクションは。










私はこれまで※トゥーロールの靴があまり好きではありませんでした。


※つま先が若干反り上がっている靴のこと



でもご試着頂いた皆さんの反応や、

私自身でこの商品を吟味した結果、

歩く際の "つまずき" を無くしてくれている事に気づきました。



これ、かなり小さい事の様に思いますが、

こんな経験はありませんかね…


ドレス系の革靴などは、捨て寸と言って、

つま先に余白があります。(実際に足の指が入らない部分)



これが結構歩くときに引っかかるんですよね。


そしてその部分の表皮にキズがついたりするあの現象。

これ、トゥーロールにすることによってかなり軽減されますね。



そして、この靴限定で言えることですが、

ソールがですね、HIROSHI TSUBOUCHI氏のオリジナルになるのですが、

コヤツがまーいい仕事してますね。



革底タイプで先が反っていると、

なんか「ぎゃい~ん!」って威嚇しているような

雰囲気になりやすい。




しかし、このソールだと見た目の通り

「スポーティーでアクティブな印象」にしてくれるので、

素敵なオトナ感で出ますね。



あ、あと、これも見た目通り、

「革靴とスニーカーの良い所を活かしあったデザイン」

なので、お洋服がショーツを穿いた時のようなカジュアルな時は

全体を引き締めてくれますし、

逆にセットアップなどのかっちりしたスタイリング時は、

ちゃんと「抜いて」くれます。おしゃれ。



まー長々と書いてしまいましたが、

3万円そこそこでこれだけ履きやすく(日本のブランドだから日本人の足に合う)

また、目を引きながら奇抜すぎない絶妙な

大人バランスをうまく表現してます。


マイサイズの在庫が薄くなってきているので

私が購入できるかは微妙ですが、

しっかりとおすすめ出来ます。



ちなみに、来シーズンはこのコラボはありませんので、

今シーズンのみの貴重なモデルとなります。








では~






2015年7月4日土曜日

BOHEMIANS SOX







サンダルの季節だからこそ、

こーゆー合わせやすい霜降りの

肉厚なソックスが必要。




そして、こーゆー季節だからこそ、

あまり売っていないと言う罠




ということで、ダンボール一杯のソックスが、

今しがた到着です。